メインコンテンツへ移動

Prince Edward Island

© Tourism PEI / Heather Ogg

03

赤毛のアンが愛した美食の島

秋のプリンス・エドワード島で豊かさに触れる

scroll

不朽の名作「赤毛のアン」の舞台として有名なプリンス・エドワード島(PEI)は、2024年に作者モンゴメリの生誕150周年を迎えることで注目を集めています。アンの世界に没入したら、秋の景色の中、サイクリングで島巡りを。     
小説で「世界で一番美しい島」と呼ばれる理由を知ることでしょう。この島の本物の「美しさ」を知るために、バラエティに富んだ美食体験は外せません。毎年秋に食の祭典「フォール・フレーバーズ」が開催され、新鮮なシーフードや農作物などを使った料理ともに各地で収穫を祝います。さらに地元のクッキングスクールや食体験の宿など、豊かな食体験が満載。地元の人々の笑顔とともに持続可能な島の魅力に触れてみましょう。

カナダのフードアイランドと呼ばれているbrプリンス・エドワード島。     
島のどこを訪れても新鮮なシーフードやbr収穫されたばかりの農作物が手に入ります。     
島にとって食べ物が特別なのは、br生産者たちが誇りをもって育て、br収穫したその恵みを人々と分かち合っているから。

HIGHLIGHTS

赤毛のアン/モンゴメリの世界

Anne of Green Gables/Lucy Maud Montgomery

赤毛のアン/モンゴメリの世界

2024年は作者ルーシー・モード・モンゴメリの生誕150周年の年ということもあり、特別な盛り上がりを見せています。     
プリンス・エドワード島国立公園内にあるグリーン・ゲイブルズ・ヘリテージ・プレイスでは、「赤毛のアン」の舞台である「緑の切妻屋根の家」のモデルとなったグリーン・ゲイブルズ・ハウスをはじめ、「お化けの森」や「恋人の小径」も。モンゴメリの生家やキャベンディッシュ郵便局では、作品の裏側にあるモンゴメリ自身の物語に触れることもできます。

PEIフォール・フレーバーズ

PEI Fall Flavours

PEIフォール・フレーバーズ

秋の味覚を楽しめるプリンス・エドワード島の食の祭典。毎年9月下旬から10月中旬まで2週間にわたって島中のコミュニティで秋の収穫を祝います。     
カナダ全土から有名シェフが集まり、ロブスター、ムール貝、牡蠣、さらにジャガイモやベリーなど地元の食材を最高の料理として味わえます。島の食を通して、アイランダーになれることでしょう。

食の宿で地産地消を体感

Authentic Food Experience

食の宿で地産地消を体感

地産地消の美味しさを味わうなら、カナダの有名シェフ、マイケル・スミスが経営する宿「イン・アット・ベイフォーチュン/The Inn at Bay Fortune」へ。島の良質な食材で作られた料理を庭に設置されたフードステーションを巡りながら楽しむことができます。屋内のメインダイニングでは、シェフのクッキングを見ながら季節のコース料理をいただくことも。     
見知らぬ人たちと食卓を共にしながらディナーを味わう「フィースト(饗宴)」を通して、島に心から歓迎された気分になることでしょう。

サイクリングで絶景巡り

Scenic Cycling

サイクリングで絶景巡り

大西洋岸の風景、なだらかな丘陵、豊かな森、そして小さなコミュニティなど、サイクリングはプリンス・エドワード島を満喫するのに最適な手段です。     
絵葉書のような海岸線が続くコンフェデレーション・トレイル(Confederation Trail)やバイウェイ(Byways)を走れば、アドベンチャー体験と合わせて、「美しい島」を五感で感じることができるでしょう。