メインコンテンツへ移動

SUMMER / AUTUMN

赤毛のアンの故郷/プリンス・エドワード島 
「世界で一番美しい豊かな心に触れる旅」

赤土と青い海の絶景の中で 
究極のホスピタリティを。

想像力豊かでおしゃべり好きな女の子が、活き活きと生きる姿を描いた小説「赤毛のアン」は、多くの読者を魅了し続けています。その舞台として知られるカナダ東部の小さなプリンス・エドワード島。赤土と青い海、彩あふれる花、白い灯台など、開放感あふれる風景。その美しさから「世界で一番美しい島」と称されます。この島を訪れると、まるでアンのように心豊かに暮らす人々が、私たち旅人を心から歓迎してくれます。地産地消の食に触れ、歴史あるヘリテージインに滞在し、島の伝統工芸を触れてみる。そんな時間を通して、私たちは「世界で一番美しい”豊かな心”」を感じることできるのです。プリンス・エドワード島で自分だけの物語が生まれ、この島が一生繋がっていたい故郷になることでしょう。

圧巻の自然を五感で味わう体験、季節によってまったく違う表情を見せる生き物たちとの遭遇、 
モザイク画のように色とりどりの文化や人と交わる感動──。 
その奥にある物語を探して。心つながる地、カナダへ。

01

赤毛のアンの世界

キャベンディッシュ村にある「赤毛のアン」を再現したグリーン・ゲイブルズ・ハウスを訪れたあとは、作者ルーシー・モード・モンゴメリの墓へ。彼女が愛する島の景色を見晴らすことができることから、生前に自分の墓地に選びました。モンゴメリの心に触れることで、小説「赤毛のアン」で描かれた各シーンの人間味あふれる魅力が、この島の人々の心の豊かさと繋がっていることを実感します。

02

灯台巡り

風光明媚なプリンス・エドワード島は、穏やかで、美しい風景が溢れています。その象徴的な存在が、島に点在する歴史ある灯台です。モンゴメリが愛した、岬に立つケープ・トライオン灯台、島で一番古いポイント・プリム灯台、宿泊が併設されたウエスト・ポイント灯台、そして小さくて写真映えするコーブ・ヘッド灯台まで。物語を探しながら、個性豊かな灯台を巡りましょう。

03

ファーム・トゥ・テーブル

オーガニックな農場があふれ、地産地消の精神が根付いているプリンス・エドワード島。私たちがレストランで味わう料理は、島民の農作物への愛情がこめられています。そんな愛情を味わえるのが、美食の宿として知られる「The Inn at Bay Fortune」。ここでは、食事前に農場責任者によるファームツアーから始まり、ライフサイクル・ハーベストをはじめとしたサステナブルな取り組みの紹介してくれます。先住民の想いと合わせて、島民の心を共感した後は、最高の料理とスタッフの笑顔に触れる「フィースト(饗宴)」を。あなたも“コミュニティ”の一員になっていることに気付くことでしょう。

04

フィッシャーマン体験

セント・ローレンス湾に浮かぶ小さな島は漁場に囲まれており、漁師たちによって新鮮なシーフードが収穫されます。周辺の海水温が低いため、身が締まったロブスターや牡蛎は絶品です。その美味しさの奥にある豊かさに触れるには収穫体験がおすすめ。マルペック湾のタイン・ヴァレーにある「Valley Pearl Oysters」では、地元の漁師と船上で牡蛎の収穫、殻むきを体験し、その場で味わうことも。

05

伝統工芸に触れるキルト作り

小説「赤毛のアン」の物語では、女性たちがキルトを編むシーンがよく登場します。ひとつひとつ心を込めて、丁寧に作る伝統は現代にも受け継がれています。三角形、四角形、ひし形など、形が異なる生地を一枚の布につなぎ、他の布と縫い合わせて作るパッチワーク・キルト。工芸品の芸術性の奥にある、温かさを感じられる最高の作品です。島の住民と語りながら、たったひとつのキルトを作るもよし、島の伝統を感じる素敵なキルトを見つけて購入するのも良いでしょう。

06

グリニッジ、プリンス・エドワード・アイランド国立公園

持続可能な島の取り組み

美しい砂丘で有名なグリニッジ、プリンス・エドワード国立公園は、さまざまな鳥や動物たちの生態系を保つために重要な保護地域です。公園内の水の上に渡されたボードウォークやウォーキングトレイルを歩きながら、壮大な景色と海岸の風を感じましょう。公園近くにある、カナダ初の気候変動適応センター(Canadian Centre for Climate Change and Adaption)まで足を延ばせば、島の肥沃な土壌や海岸を守るサステナブルな取り組みを学ぶこともできます。島の人々が豊かさを享受するだけでなく、未来に向かって共存していることに気付くでしょう。